勃起障害…すなわちEDになってしまった方への処方薬としてPDE阻害薬があります。この薬は勃起障害の方のほとんどが内服できる安全性の高い薬で副作用も比較的少なく効き目が落ちることもあまりありません。

勃起障害に伴うPDE5阻害薬使用

安価にEDを治したいならカマグラがおすすめ

カマグラとは、インドにある製薬会社が製造・販売を行っている、ED改善に効果のあるインド製のジェネリック医薬品です。
含まれている有効成分は、バイアグラと同じシルデナフィルです。シルデナフィルは、血管を拡張させ、男性器の海綿体内の血流の流れを促進することで、海綿体内の血液を増量させる作用があります。男性器の海綿体内の血液を増量させることで、ED防止効果が期待できます。
服用方法を間違えると、効果半減や効果が期待できない可能性があるので、使用する前にきちんと確認するようにしましょう。カマグラには、ゼリー・発泡剤・舌下錠など剤形に種類があります。舌下錠には、50mgと100mgの2種類あります。日本で販売されているバイアグラは50mgが最大の為、100mgのカマグラの場合にはピルカッター等で半分に割ってから服用するようにしましょう。50mgでも十分な効果を得ることが出来ます。
カマグラの主な副作用は、頭痛や動機、鼻づまり、目の充血、顔の火照りなどです。副作用は服用した量にもよりますが、約4~6時間程度で治まります。
カマグラは服用から30分~1時間程度で効果が現れてくるので、性行為時の1時間前くらいに前もって服用しておくことが大切です。

ジェネリック医薬品とは、新薬の特許が切れた後に発売されます。
新薬の開発には長い月日と膨大な予算が必要とされます。しかし、ジェネリック医薬品は、安全性や有効性がすでに確立した有効成分を使用する為、短い期間と少ない予算で開発することができます。その為、販売価格をおさえることが可能となり、消費者はお得に購入することができます。
又、ジェネリック医薬品は新薬と同じ有効成分で効き目も変わりません。国が定めた基準や規制をクリアして、製造と発売をされているので、安心して使用することが出来ます。
ジェネリック医薬品は、医師や薬剤師に相談することで処方してもらえます。すでに他の薬を処方されている場合には、「ジェネリック医薬品に変更してもらえますか」と相談してみてください。伝えにくい場合は、ジェネリック医薬品お願いカードというもので変更意思を伝えることも可能です。しかし、処方箋の変更不可という欄にチェックがある場合には、変更することが出来ません。反対に、チェックがない場合には、ジェネリック医薬品への変更が可能となりますので、確認してから医師や薬剤師に相談してみましょう。
ジェネリック医薬品は医療費を削減することができる為、国も推進している安心して使用できる医薬品です。