勃起障害に伴うPDE5阻害薬使用

勃起障害…すなわちEDになってしまった方への処方薬としてPDE阻害薬があります。この薬は勃起障害の方のほとんどが内服できる安全性の高い薬で副作用も比較的少なく効き目が落ちることもあまりありません。

勃起障害に伴うPDE5阻害薬使用

勃起障害に効く様々な薬

近年よく耳にするEDとは男性の勃起不全のことを意味します。勃起障害とは性交で挿入できる程度の勃起が不可能だったり、勃起を維持することができない状態をいいます。
健康な成人の男性でも時として勃起ができないことはありますが、勃起障害の場合はこのような状態が頻繁で常に悩んでいる場合をいいます。
このような勃起障害の原因は陰茎への血流が阻害されることや、陰茎の繋がる神経の損傷などがあるとされています。
また他の病気の得影響で内分泌疾患があったり、心因性の悩みなどが原因となり発症する場合など様々な問題があります。
現在では勃起障害に有効性があるというED治療薬も多数あり、それぞれに高い効能を得られると期待がされています。
中でもバイアグラは世界で初のED治療薬として知名度も非常に高い薬剤です。
バイアグラをはじめとして現在クリニックなどで処方されるED治療薬の主流としてレビトラとシアリスがあります。
これら3種類のED治療薬には全て同等の効能があり、陰茎のへの血流の流れを増加させて勃起を誘発しやすくするというものです。
それぞれの薬剤の特徴は薬の持続時間や、服用タイミングなどの違いにあります。
バイアグラは古くからある薬剤で知名度も高く安定した人気を誇りますが、服用するタイミングが空腹時でないと効果が得られないという弱点があります。
またレビトラは食事の影響を多少は受けるものの効果はしっかりと感じることができます。
早い方では服用後15分で効き目を感じることもあるほどに即効性がある点が最大のメリットです。
シアリスは食事の影響を全く受けないので、食前や食後でもその効果に変わりはありません。
また持続時間は約36時間と長く作用する点が、最大の特徴だといえます。
またバイアグラやレビトラが性行為の前に服用しなければならないのに比べ、シアリスは外出時などに前もって服用すれば良いという自由度の高さも魅力です。

薬以外の勃起障害治療

勃起障害を改善する方法としては医薬品の利用が手軽ですが、副作用の点等からどうしても利用できないという人も少なくありません。
では、薬以外で勃起障害を治療する場合はどういう方法があるのでしょうか。
まず一つは生活習慣を改善するという事です。
現代社会に生きる人は、どうしても生活が不規則になりがちです。
睡眠不足が続き、なかなか体と脳の疲れが取り切れていない状態で翌日を迎えているという人も珍しくありません。
勿論昼寝をするのも一つの方法ですが、できれば早寝早起きを心掛けて規則正しい生活を送るようにしましょう。
もう一つは食生活の改善です。
食事と言うのはどうしても軽視されがちで、栄養のバランスをあまり気にしないまま毎日食べている人も珍しくありません。
確かにエネルギー摂取と言う点から考えると、食べるだけでも効果を期待する事は出来ますが、そこから栄養を摂取するとなると話は別です。
出来るだけ5大栄養素はしっかりと摂取できるような食生活を送る様にする事が重要となります。
とはいっても食生活の改善は難しく感じてしまう人もいますが、そういう場合はサプリメントの活用が効果的です。
サプリメントは必要な栄養素のみを摂取する事ができるだけでなく、食事の質に左右される事無く勃起障害改善に必要な栄養素をコンスタントに摂り続ける事が可能です。
後は、精力剤の利用です。
精力剤と言うとED治療薬と同じなのではないかと心配する人もいるかもしれませんが、根本的に精力剤は薬ではありません。
サプリメントや栄養剤の類だと理解しておく方が無難です。
動物性だけでなく植物性の物も豊富で、さらに化学薬品を使っておらず天然成分のみでできている物も有るので、治療薬の利用をためらっている人でも充分利用する事は出来ます。

心因性による勃起障害

心因性による勃起障害とは、体の機能には問題点は見られず、精神的な要因によって起こる勃起障害です。
うつ病などの精神疾患によるものや、仕事でのストレスや家族・夫婦関係など原因は多種多様であり、また誰にでも起こりうる可能性があります。
勃起障害を起こす精神疾患としては、うつ病のほかにも統合失調症や不安神経症、更にアルコール依存症や薬物依存症といったものもあげられます。
特にうつ病の罹患者数は増加傾向にあり、心因性の勃起障害の代表的な要因となっています。
また精神疾患の治療に使用される抗うつ薬などの中には中枢神経系に影響を与えるものもあり、それもまた障害を引き起こす原因となる場合もあります。
逆に勃起障害や性欲の減退によってうつ病が初めて露呈するといった場合もあります。
精神疾患でない人でも精神的ストレスから勃起障害となる例も多く見られます。
失恋や夫婦間の不和、離婚など人間関係によるものや、性器へのコンプレックスなども原因となり得ます。
また性行為と直接結びつかない仕事上のストレスなどが原因となることもあります。
これは仕事上の自信を喪失するような体験により、心配や不安が頭から離れなくなることで脳が性的興奮を覚えづらくなるためと考えられます。
心因性の勃起障害の治療としては、PDE5阻害薬と呼ばれる治療薬が有効です。
血管拡張作用により勃起を強力に補助するほか、これらを服用して性行為に臨むことによって安心感が自信へとつながり、性行為への不安やトラウマが原因の勃起障害に特に改善効果が期待できます。
治療薬を使用して複数回うまくいけば、薬を使用しなくても性行為が可能となる例が多く見られます。
治療薬の効き目が薄い場合はカウンセリングなどの心理的なアプローチを行います。
専門家が時間をかけて繰り返し行うことにより治療薬で改善しなくても大きな改善を得られることもあります。

■EDは恥ずかしがらずに病院で治そう!
ED治療病院の詳細はこちら
■勃起障害に効果のあるシアリスはこちら
シアリスの通販サイトで安価で購入
■ジェネリック医薬品は経済的に治療できます
シラグラ
■こちらもお安くおすすめです
ゼネグラ